かつてはローカルコミュニティの拠点だった「お寺」。しかし時代の変化とともに、その役割は再定義が必要なのではないか? 一般社団法人「寺子屋ブッダ」代表理事であり、お坊さんのいる書店「書坊」を運営する松村和順さんに、現代のお寺の役割について話を聞いた。