「病気」「障害」「LGBT」「子育て」など様々な困難を抱える人のストーリーを発信するWEBメディア『soar』。その記事はほとんどが1万字を超える長文ですが、多くの人に愛され、現在では活動4年目を迎えました。彼女たちはどのようなコンセプトでメディアを運営しているのか。そして『soar』が目指す「情報のセーフティネット」とは。編集長の工藤瑞穂さんにお話を聞きました。