「和歌山を輝かせる!」をテーマにさまざまなプロジェクトを実行している小幡和輝さん。しかし、中学校までの彼は不登校で、ゲームに没頭する毎日を過ごしていた。そんな彼がいかにして高校3年生で起業することになったのか? そして和歌山のために活動する理由とは?