宮崎の住宅街に静かに佇む『小松原窯』。後継者不足問題に直面していた窯元の危機に、幼少時代を近隣で過ごした東郷剛さんが立ち上がりました。