登山家・文筆家であり、食料を現地調達する「サバイバル登山」の提唱者・服部文祥氏。文明から離れ、限界に挑む山行を通じ自分の存在を見つめてきた服部氏が提示する「ヒューマニズムへの問い」とは?