知的障がい者が描く「優れたアート」を、世の中に提案するブランド『MUKU』。彼らが様々なパートナーとプロダクトを作る理由とは。代表の松田崇弥さんと、共に作品を作る『銀座田屋』の担当・大河原仁さんに話を聞いた。