リスクと責任を抱え、決断をし続ける存在である「経営者」。しかし、私たちもまた、自分自身の人生の経営者である。経営者たちの孤独を通じて、私たちのなかにある孤独について考える、新連載の第1回。