大阪で誕生したスパイスカレーの台頭で、定番食からカルチャーとしての広がりを見せる「カレー」。その魅力を、1000日以上カレーを食べ続け、ついにはカレー関連の事業を始めたタケナカリーさんに聞きました。